包茎の特徴

男性にとって体で重要な部分といえば男性器です。排尿をする、性行為をするために必要なものなのです。
この男性器の亀頭部分が包皮で包まれた状態であることを包茎といいます。
男性の中には包茎で恥ずかしいと思っている人もいるでしょうが、これは決して少人数が悩んでいるわけではありません。
特に日本人だと3人に2人が包茎であるとされています。
同じ思いをしている人は、この日本にとてもたくさんいるのです。
この包茎には3種類あります。
真性包茎、仮性包茎、カントン包茎です。
包茎である場合、包茎手術を受けることで改善することができます。
最近では名古屋に包茎専門のクリニックが多くあることから、名古屋で包茎手術を受ける人が増えてきています。
評判も良く、名古屋だけでなく全国展開しているクリニックもあるので気軽に受けることができるのです。

日本人に多い包茎は仮性包茎です。普通にしていると亀頭は包皮が被さっています。
しかし勃起時には自然に亀頭が現れたり手でむくことで現れるため、病気とまではいかないものが多いのです。
真性包茎は仮性包茎とは異なり、勃起したときも亀頭に包皮が被さっています。
ひどいときは包皮と亀頭が癒着していることもあります。その場合は手でむこうとしてもむけないことが多いでしょう。
真性包茎は病気とされ、包茎手術を受けるときも保険適用となるため費用も安くなります。
カントン包茎の場合、手で亀頭を露出させることができますが、包皮の幅が狭いため亀頭の付け根部分を締め付けてしまい元に戻らなくなってしまいます。
その場合は血流が止まってしまうため早急にクリニックを受診するようにしましょう。
名古屋では評判の良いクリニックが数多く存在します。そこで行われる包茎手術も評判が良いのです。
一人で悩まずに、まずは包茎手術に関する知識を得ることが大切です。
名古屋の包茎専門のクリニックには丁寧な対応をしてくれるところがたくさんあるのです。